滞納リスクを防ぐ|信頼できる環境ステーションという会社|不動産見つけるならココ

信頼できる環境ステーションという会社|不動産見つけるならココ

ウーマン

滞納リスクを防ぐ

模型

家賃収入を減らさない方法

家賃保証を利用して賃貸経営をするのは家賃収入を減らさないために役立ちます。家賃保証は入居者による家賃の滞納があったときに保証会社が家賃を立て替えて、オーナーに対して支払いをしてくれるものです。加入していると保証会社に対して毎月少しずつ費用を支払い、その代わりに滞納があったときに苦労せずに済むという仕組みになっています。家賃保証に入ってもらっておくことで入居者が滞納しても安定して収入が得られるようになるため、ローンの返済などがある場合にも支払いが滞るリスクがありません。保証会社が立て替えた後で徴収を行ってくれるので、家賃を滞納している入居者に対して自分から家賃の取り立てを行う必要もないのが特徴です。

入居者に対する心配の低減

オーナーにとって家賃保証を利用するのは入居者審査における心配を低減させるのにつながります。人が良さそうに見えて滞納をするような人には感じられなくても、実際には入居してから人が変わってしまって滞納するというケースも少なくありません。そのリスクを常に心配していなければならないのがオーナーの立場ですが、家賃保証を利用していれば入居者がどのような人であるかをそれほど気にする必要がなくなります。入居審査の時点でリスクがあるかどうかを考えて失敗してしまっても、安定して家賃を手に入れられるからです。失敗のリスクが低いのは賃貸経営をする上で重要視される点であり、家賃保証を利用するケースが増える要因となっています。